信用情報機関について

信用情報機関について

信用情報機関は、個人の信用情報を収集・開示したりする機関で、日本信用情報機構(JICC)やシー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センターがあります。
クレジットカードや消費者金融の利用歴が一定期間記録され、金融会社は、この記録をもとに融資するか否かを決めています。

信用情報の登録内容

個人信用情報機関に記録してある内容

・本人を特定するための情報
氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先の電話番号、運転免許証などの記号番号・契約内容に関する情報
契約(借入)先、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額等

・返済状況に関する情報
入金日、入金予定日、残高金額、完済日、延滞等

 

ご自身の登録内容を知りたい時は、情報開示を申し出ることができます。
パソコン、スマホ、郵送、窓口での開示が可能なので、各情報機関に問い合わせてみてもいいかもしれません。

日本信用情報機構(JICC)https://www.jicc.co.jp/kaiji/
シー・アイ・シー(CIC)https://www.cic.co.jp/mydata/index.html
全国銀行個人信用情報センター https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/

信用情報の登録期間

一生涯登録されるわけではなく、一定期間が過ぎれば記録は消えることになります。
延滞情報、債務整理情報、多重申込情報が登録され、期間は下の表にまとめています。
全国銀行個人信用情報センター官報情報:10年

信用情報のまとめ

 

機関名 対象 登録期間
日本信用情報機構(JICC) 消費者金融・信販会社 延滞情報:5年、債務整理情報:5年、
多重申込情報:6ヵ月
シー・アイ・シー(CIC) クレジット会社・信販会社 延滞情報:5年、債務整理情報:5年、
多重申込情報:6ヵ月、官報情報:10年
全国銀行個人信用情報センター 銀行・銀行系カード会社 延滞情報:5年、債務整理情報:5年、
多重申込情報:6ヵ月

投稿日:

Copyright© 今日お金を借りれる即日融資や当日融資 , 2020 All Rights Reserved.